ホーム > ニュース > 本文
電気自動車のエネルギー効率化推進
Aug 11, 2017

このスキームは、省エネルギーとコスト削減を加速し、産業変革の推進とレベルアップと促進を目的として、モーター用エネルギー効率推進計画 (2013-2015)(GXBLJ〔2013〕No. 226)私たち県のモーターのエネルギー効率を総合的に評価します。


I.一般的なアイデア

電気自動車の指針としての開発とエネルギー効率の向上を目指して科学的見地から、生産や使用などの電気モーターの主要なリンクに焦点を絞って、非効率なACモーターの排除をスピードアップし、効率的な誘導モータの開発と普及、高効率電動モータの市場シェアの拡大に向けた大きな努力、 高度な省エネルギー技術(サーボモーターや他の技術の変革)の推進に重点を置いて、ACモーターシステムの省エネ化を加速します。 インセンティブと制約を組み合わせた実装メカニズムを徐々に確立し、インダクションモーターのエネルギー効率を包括的に改善し、電気モーター業界の変革とアップグレードを促進するために、政策サポートとガイダンス、標準仕様の拘束力、監督と管理を強化する。 「第12次5ヵ年計画」の省エネ・排出削減目標の達成を促進する。


II。 主な目標

2015年までには、低電圧三相リスケージ非同期モーターの50%、高電圧電動モーターの40%が高効率の標準仕様に沿って生産される電動モーターのアップグレードを達成します効率的な交流モータ; 高効率誘導モータを累積的に促進し、低効率ACモータの使用を廃止し、1,000万KWの電動機システムの省エネルギー技術革新を実施する(都市分業の附属書参照)。 佛山市と東莞市に5,000台の射出成形機(押出機を含む)の省エネ変形パイロットプロジェクト推進を達成しました。 2015年の標準的な石炭節約量は157万トン、二酸化炭素排出削減量は425万トンに相当する50億キロワット時の節電効果が期待されます。


III。 主な仕事

(I)高効率電動機を推進する。 高効率交流モータの製造業者および関連製品のモデルの販売促進活動を強化する。 2012年の新しいモーターエネルギー効率基準は、モーターメーカーが製造するエネルギー効率レベル3未満の低効率ACモーターを厳密に禁止するために実施されました。 政策指針とエネルギー評価の見直しを強化するとともに、電気モーターのエネルギー効率マークの記録を記録して、増加したすべての電気モーターが高効率インダクションモーターのエネルギー効率基準を満たすことを保証し、既存のモーターメーカーを段階的に変革させる高効率の電気モーターの生産を行っています。

(II)低効率電動機の排除。 MIIT 発行した使用中の低効率モーターの廃止ルート図 (下表参照)によれば、旧式および低効率モーターを促進するための行政、市場、経済などの手段を最大限に活用しました徐々にアプリケーション市場を終了する。

(III)モーターシステムの省エネルギー技術移転の実施。 低効率の電気モーターを交換するための高効率ACモーターの選択を優先させるためのガイドとサポート。 電気モーターとドラッグ機器の変換を一致させるための高度な技術を使用してください。 年間電力消費量が1000万kWを超える主要企業は、実際の状況を踏まえて、2013年から2015年にかけて可能な限り速やかに電動機システムの省エネ変革計画を策定し、3年間のエネルギー効率改善目標、変換の重要性と対策、電動モータシステムの総投資と実装の進捗状況などが含まれます。

(IV)他の主要産業における1万台の射出成形機の省エネルギーおよび電気モーター変換のパイロット実証プロジェクトの実施の実施。 射出成形機業界での画期的なACモータの省エネルギー改善を推進し、佛山市と東莞市に1万台の射出成形機(押出機を含む)の省エネ変形パイロット実証プロジェクトを実施し、徐々にエネルギー効率改善を推進する単一の主要産業からインダクションモーターのエネルギー消費の他の主要産業への電気モーターの導入。 地域産業の特徴に応じて、ポイントからエリアへの変革パイロットデモンストレーションを実施し、電動モーターのエネルギー効率化推進計画の実施を促進するために、重要なモーターパワー産業を選択することが奨励される。


IV。 労働措置

(I)目標責任の実施。 経済・情報技術部各地域の部署は、それぞれの地域のモーターのエネルギー効率を促進し、年々課題を分解し、省エネルギーを完了し、それぞれの領域内で電動モータを使用することが含まれる。 電気自動車製造企業は、自己診断を徹底し、交流電動機のエネルギー効率の具体的な推進計画を立てなければならない。 様々な地域と企業は、電気モーターのエネルギー効率を促進するために非常に重要な役割を果たすであろう。実施は、地方自治体の省エネルギー目標の責任と企業の省エネ評価の評価と評価の重要な内容となる。

(Ⅱ)財務ガイダンスの強化

省に割り当てられた特別資金は、補助金の代わりに報奨金を差し替える形で州全体の県レベル(または深センを除く)の20都市における電動機のエネルギー効率化促進計画を支援するために使用される。 ACモーター(2012年版)の新しいエネルギー効率基準に沿った変換されたモーターについては、標準的な地方補助金は、広東省の北東および北西地域では140元/ kWであり、電気モーターの電力変換前は100元/ kW珠江デルタ地域で電気モーターの動力を変える前に、広東省経済情報委員会と広東省財務省が別々に実施する。 補助金基準200元/ kWに応じて、様々な地域に資金を配分するよう促す。 優れた財源を持つ地域や都市でも、 電動機システムの省エネルギーと変革をサポートする状況に基づいて基準を上げることができます。 電動機システムの省エネルギー・変電が契約上のエネルギー管理の形態で実施されている場合、変電補助金はエネルギーサービス会社によって適用されるものとする。 企業が電動機システムの省エネルギーと変革のための補助金を取得した場合、それは他の国家や州の省エネ資金調達プロジェクトに応募して楽しむために影響を受けることはありません。

(III)政策支援を強化する。 まず、 電動機メーカーのスペシャルレビューを強化し、高効率ACモータを搭載したモータの生産能力の向上を促進する。 第2に、 電動モーターユーザー企業の特別な見直しを強化し、効率の低いモーターやシステムを選択した新しく建設された、改装された、または拡張されたプロジェクトの承認を拒否し、増加したすべてのモーターがドラッグ装置。 第3に、高効率モーターの選択を省エネルギー製品や人的資源の投入に必要な条件と考え、省エネルギー製品推進助成制度、省エネルギー・環境保護機器の税制優遇措置等を積極的に実施し、利益プロジェクト。 第4に、DSMパイロット地域とADBエネルギー効率発電所プロジェクトは、 電気モーターシステムの省エネルギーと変革を実施し、グリーンローンによって支援されることを優先するものとする。 第五に、各都市が商用電力制御などの企業内モーターのエネルギー効率化推進計画の実施を結びつけ、モーターのエネルギー効率化推進を完了した企業を優先して電力を利用することを優先する。

(IV)監督と検査を強化する。 経済・情報技術部門各地域の省庁は、品質・技術監督部門とともに、省エネルギー基準の実施と低圧三相リスケージ非同期モータ製造業者の特定についての特別な監視を行い、主要な電力消費企業の低効率モーターの段階的廃止。 依然として低効率モーターを生産している企業や、低効率モーターを必要に応じて排除しない電動モーターを使用している企業に対し、整流に関する通知を発行し、整流の期限を指定する。 予定どおりの整流をしていないか、整流後に基準を満たさない企業は、エネルギー消費量の上限を30%を超えているとみなされ、罰則が課せられ、関連する当局に報告される。金融機関、公的被ばくの対象となります。 使用中のモーターの基本情報の関連資料を提供していない企業は、要件に応じて低効率のACモーターを排除しないものとみなされます。

(V)契約のエネルギー管理を促進する。 モーターのエネルギー効率を促進するための契約エネルギー管理モードの使用をサポートします。 高効率モーター製造業者にエネルギーサービス会社を設立するか、専門のエネルギーサービス会社と協力するように奨励する。 低効率モーターが契約エネルギー管理のモードで促進される産業または分野を選択する。 専門のエネルギーサービス会社にエンタープライズモーターシステムの技術的変革を実行するよう奨励し、 電気モーターシステムのエネルギーサービス会社が推奨するリストをタイムリーに発行する。 効率モーターの推進とモーターシステムの省エネルギー技術移転契約のエネルギー管理プロジェクトの資金と信用の支援を強化する。

(VI)広報と訓練を強化する。 経済産業省は、 電動機の省エネルギー化を推進するための先進技術を積極的に推進し、様々な産業分野におけるモーターのエネルギー効率化を意図的に促進するための研修を組織し、実施する。 主務官庁は、省エネルギー宣伝月と省エネルギー訓練を最大限に活用し、宣伝にもっと力を注ぎ、モーター生産と使用企業、産業団体、省エネルギーサービス部門とニュースメディアに共同参加するよう指示する電動モータの省エネルギー化を推進し、高効率モーターの推進を共同で推進するための良い雰囲気を作り出しています。


V.組織のリーダーシップ

省経済情報委員会と省の品質監督局は、 電気 モーターの エネルギー効率化促進計画の実施の組織、推進および包括的な調整の全般的な責任を負って、地方自治体のためのエネルギー効率化促進事業の主要なグループを設立した 適切な昇進、訓練、技術昇進を含む組織の活動を担当する省力省エネルギー・監視センターの省モーター用エネルギー効率推進室を設置する。 経済情報技術部 この地域の 電動 機の エネルギー効率向上活動は、各地域の部署が担当してい ます。 毎年11月15日までに、各地域のモーターの省エネルギー推進作業の実施情報を省経済情報委員会と地方品質監督局に報告し、2013年6月10日から2013年12月31日までの実施情報2013年12月15日より前に提出してください。